民俗資料館

民俗資料館の概観

民俗資料館について

 民俗資料館は、太子町福地にあった民家を移築したもので、昭和53年(1978)年にオープンしました。主屋は江戸時代末の文久年間(1860~63)に建てられたもので、芸州流(今の広島県西部を中心に見られる手法)で葺かれた茅葺き屋根の平屋で、内部に日常の生活に使っていた民具などを展示しています。西隣の土蔵は文政11年(1829)に建てられたと考えられ、江戸時代末頃の農家建築として、平成21年(2009)8月、兵庫県の登録有形文化財に登録されました(旧尾野家住宅)。

利用案内

休館日

月曜日、祝日の翌日(日曜日を除く)

年末年始(12月28日~1月4日)

開館時間

午前10時~午後5時、ただし入館は午後4時30分まで

観覧料

無料

観覧について

入館にさいしては、隣の児童館「ひまわり館」にご連絡ください。職員が開館します。ひまわり館が閉まっている場合は、太子町立歴史資料館にご連絡ください。

団体で観覧をご希望の場合、説明等をご希望の場合は、太子町立歴史資料館にご連絡ください。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
歴史資料館
〒671-1561 兵庫県揖保郡太子町鵤1310番地1
電話:079-277-5100 ファックス:079-276-6800
メールのお問い合わせはこちらから