安心の農地の貸し借り「利用権設定事業」

『利用権設定事業』は、「農業経営基盤強化促進法」に基づく事業で、農業者が農地の貸し借りを行う場合、貸し手・借り手の間で利用関係の調整を行い、「農用地利用集積計画(権利の設定等をまとめたもの)」の原案を作成し、太子町農業委員会の決定を経て公告することによって、農地の貸し借りができる制度です。
また、利用権設定事業による農地の賃貸借等を設定する場合、農地法の規制の適用が除外され、農家以外の方でも農業を営むことが可能です。
この事業により農地を貸した場合、期限が到来すると離作料を支払うことなく、自動的に、確実に農地を返してもらうことができます。安心して農地の貸し借りが行える利用権設定事業をぜひご活用ください。
市街化区域内での利用権設定はできません。

利用権設定事業のメリット

  1. 農地の貸し借りに農地法の許可が不要で手続きも簡単です。
  2. 貸した農地は期限が来れば、離作料を支払うことなく、また、解約の手続きをしなくても自動的に戻ってきます(農地を返してもらえなくなる心配がありません)。また、利用権の再設定(更新)により継続して貸し借りを行うこともできます。
  3. 貸す農地の所有者ならどなたでも貸すことができます(小作等がある方は事前に解約が必要です)。

申請手続き

「利用権設定(申請書)」を産業経済課に提出するだけです。

記載する内容

  • 貸し手及び借り手の住所、氏名(押印)
  • 農地の所在、面積
  • 貸し借りの方法(期間、農地の種類、権利の種類 等)

貸し借りの設定期間

太子町では、3年、6年、10年の期間を基本として利用権設定を行っています。

賃借料

賃借料は、貸し手と借り手の相談により決めていただきます。
物納や無償での貸し借りも行われています。

受付期間

5月始期分受付期間  3月1日~3月31日

11月始期分受付期間  9月1日~9月30日

受付は役場開庁日に限ります

様式・記入例

利用権設定様式・記入例(EXCEL:94.5KB)

利用権設定様式・記入例(解除条件付)(EXCEL:114KB)

借受け者調査書様式・記入例(WORD:119KB)

確約書(解除条件付)(WORD:36KB)

お問い合わせ
経済建設部産業経済課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-5993 ファックス:079-277-6041
メールのお問い合わせはこちらから