500年前のお正月

 太子町は、お太子さんの荘園・法隆寺領播磨国鵤荘(いかるがのしょう)の故地です。そして、法隆寺には、ここで暮らす中世の人々の様子を知ることのできる、『鵤御庄当時日記(いかるがのみしょうとうじにっき)』という貴重な資料が残されています。そこから、500年前のお正月の様子をみてみましょう。

 鵤荘の政所(まんどころ役所)では、年が明けるとまず一番に、年男が起きて若水を汲みました。そして、政所の客殿に預所(あずかりどころ)ほかの主要なメンバー(今でいうと、町長と町の幹部たち)が集まり、鏡餅を拝んでお屠蘇(とそ)をいただき、新年のあいさつを交わしました。それが終わると、みなそろって「六ヶ入堂」を行います。初詣(はつもうで)です。
 まず、斑鳩寺へ。三重塔と下宮・聖霊権現へお参りし、次に本堂(講堂)、御太子堂、八幡(鎮守社)、仁王門と順番にまわります。そこからは上宮・稗田神社に参詣、そして城山にあった毘沙門堂へ。さらに平方の大歳神社、東保の荒神社・大歳神社・八幡神社とお参りして政所へ帰り、最後に大将軍社へお参りしました。政所の衆は、それぞれの場所に鏡餅を供え、僧侶や神職らと新年のあいさつを交わし、一献酌み交わしていました。
 城山の毘沙門堂、東保の荒神社・八幡神社、大将軍社のように合祀などで今はもう無い寺社もありますが、今年のお正月は、皆さんも、ぐるっと廻ってみてはいかがですか?

初詣の行程

稗田神社

鵤荘の総鎮守社・稗田神社

平方の大歳神社

平方の大歳(ださい)神社

『鵤御庄当時日記』に書かれたの内容を紹介しましょう。

一正月元三以下朝拝事

 朔日早朝に預所殿・筆取・後見を、定使が案内して客殿へ来てもらう。それ以前

 に、年男が起きて若水を上げて、舞いながら出立して客殿へ出仕する。預所殿は

 重衣・白五帖で座敷に御座りになり、筆取・後見以下は常のように上下(かみし

 も)で出仕して、互いに祝言を述べあう。両定使も客殿へ出仕する。やがて、餅を

 拝んで二種の肴・慈仙羮(じせんかん)・荒立で酒を二献のむ。三献目に鏡餅を預

 所殿が拝み、それまでは筆取までの人は鏡餅を拝まないとか。また二献のみ、全

 部で酒は五献である。嘉例の法談はおおむねこのとおり。次に引出物で、預所殿

 へは厚紙一束、筆取・後見・両定使までは厚紙一帖ずつ、あと少者・中間・雑司ま

 では舞で祝い、引出物として中紙一帖ずつを出す。

 次に、預所殿・筆取・両定使・中間以下を召し連れて六ヶ入堂がある。まず大寺

 (斑鳩寺)の塔と下宮へ参り、神主より冨牛玉をいただく。次に本堂(講堂)・御太

 子堂へ参り、その時内陣で仏性院と出会い、嘉例の一献がある。二種の肴・昆

 布・勝栗で酒三献をいただく。次は八幡・二王堂(仁王門)へ順番に参り、次は稗

 田神社ヘ参ると、神主が冨牛玉を出す。それより毘沙門堂(城山にあった)へ参

 り、見性寺の僧と出合い、酒がある。五献の後、引出物がある。預所殿は中品の

 中紙一束・鍋一つなど、その時に依る。筆取には下品の中紙一束六十文・鍋一

 つ、これは近年のことで、殿原たちには中紙・壇紙折二帖・扇一本ツヽ、定使まで

 これはある。しかし、今年は、見性寺の弟子の僧たちと出会った。次は平方大歳

 神社へ参詣、そして東保の荒神・大歳・八幡の三社へ参って政所へ帰り、大将軍

 社へ参詣する。

 正月三日の入堂は大寺(斑鳩寺)ばかりでも又六ケでも時の在庄(預所)の随意

 である。入堂より帰って飯を食べる。そうじて正月三日間は、上下の人ともに三合

 飯が三度である。

一元三入堂について、下宮(聖霊権現)・本堂(講堂)・御太子堂・稗田神社・毘沙門

 堂・平方宮・東保大歳神社に、政所より、鏡餅を持って参る。大小あるが、おおむ

 ね両人が知っている。

 

以下、主要なことばの解説 

預所(あずかりどころ)・筆取(ふでとり)・後見(こうけん)
   鵤荘を治めるために、法隆寺から下ってくる僧侶。一番上位が預所で、法隆

   寺の現地事務所・政所(まんどころ)の代表者なので、政所(まんどころ)とも呼

   ばれる。いずれも、ふだんは東方・西方で二人ずついるが、年末の大掃除の

   あとに東方の預所らは法隆寺に戻る(その後、西方の預所らが東方に移る)た

   め、正月には一人ずつしかいない。

定使(じょうし)

   地元から出て政所で働く役人で、東方・西方で二人いる。

少者・中間・雑司 

   いずれも、地元から出て政所で働く、身分の低い役人。

殿原たち

   地元の有力者。

慈仙羮(じせんかん)

   クワイのあつもの(熱いスープ)で、今のお雑煮か、あるいはお節料理の煮物

   につながるものだろう。

冨牛玉

   牛王法印の一種、災厄除けの護符や縁起物の類だろう。

仏性院

   斑鳩寺の子院の一つ。ここの院主が斑鳩寺を代表することが多かった。

見性寺

   鵤荘にあった有力寺院。今の城山あたりにあったか。