ツキノワグマにご注意を

 人里近くにおいてクマの目撃情報が寄せられています。クマは通常人を避けて生活する動物ですが、急に人と出会うと驚いて攻撃をすることがあります。

 クマの習性を理解して、被害にあわないよう十分な注意をお願いします。

クマの被害の遭わないために

1.クマの出没時間帯把握について
  クマは、日の出、日の入りの時間帯に菜食行動が活発になります。
  また、夜間は行動が大胆になります。
  この時間帯は、クマのいそうな場所に近づかないでください。

2. クマの誘引物の除去対策について

  生ごみを野外、田畑等に置かないようしましょう。クマを誘引します。
  屋外や納屋などに、果物・穀物・ペットフードなどを置いていると臭いに気づいて食べにくる恐れがあります。
  収穫しない不要な果樹(カキ・クリなど)の木は出来るだけ伐採しましょう。
  伐採が困難な場合には、防護対策を行うか、果実を早めに収穫しましょう。
  クマを誘引する恐れのある物(畜産魚業に必要なエサ類・ハチミツ巣箱等)を置いている場合は、防護対策(電気柵等)を行いましょう。
  
3. ばったり出会わないために
  クマの生息する山に入るときは音響物(ラジオ、鈴等)を携帯しましょう。
  とくに、雨の日や川沿いでは、人間の臭いや物音がクマに伝わりにくいので、大  きな音を出しましょう。

4. もし出会ってしまったら
  相手が野生動物である以上、絶対に安全を確保できる方法はありませんが、
   一般論として言われている内容を示しますので、参考にしてください。
       クマに気づかれていない場合は、静かにその場を立ち去ってください。
       クマがこちらに気づいていると感じられた場合は、大声を出したり、走ったりするのは、かえってクマを興奮させます。
  落ち着いて状況をよく判断してから、刺激しないように、その場からゆっくり立ち去りましょう。 

クマに関する情報

兵庫県森林動物研究センターのホームページを参照ください。

兵庫県森林動物研究センター

ツキノワグマに関するパンフレット(兵庫県森林動物研究センター)(PDF:2.6MB)

お問い合わせ
経済建設部産業経済課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-5993 ファックス:079-277-6041
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。