住宅内の火災予防のポイント

住宅火災の原因には、ガスこんろ、たばこ、放火、ストーブ、電気配線によるものなど、さまざまなものがあります。
思いもよらない事が原因となり、火災が発生しています。
ご家庭で次のことに十分注意して、火災予防に努めましょう。

トラッキング現象によるコンセントからの出火

電気製品のプラグを、長い間コンセントに差しっぱなしで放置し、そこにホコリがたまった状態になると、そのホコリが空気中の湿気を吸うことによりプラグの刃間にわずかな微電流が流れます。それが繰り返されるうちにプラグ間が炭化し、トラックという電気の通り道ができ、突然発火します。これがトラッキング現象です。
長期間差しっぱなしのものや湿気の多い場所で使用しているものは、電源プラグの掃除をこまめに行ってください。

コンセントの火災予防

コード

電気器具のコードが家具の下敷きになっていたりステップルで強く止め過ぎたりすると、コード内の電線が何本か切れてしまい、電気の流れる道が狭くなるため、異常な発熱をおこし、発火することがあります。

電気器具コード

コードの束 

電気のコードを束ねたまま使用すると、熱の逃げ場所がなくなってそこから熱を持つことがあります。近くに燃えやすいものがあれば発火することがあります。

コードからの発火

こたつ

こたつの中で洗濯物を干したり、こたつの防護ネットに掛け布団が触れていると、生地が熱せられて、発火することがあります。白熱電球でもカーテン、衣類等が長時間接触すると発火することがありますので、注意しましょう。

オーブントースター

電子レンジで簡単にできる冷凍食品(揚げ物)が普及しています。電子レンジ専用の冷凍フライをアルミホイルに乗せたり、包んだりしてオーブントースターで加熱調理をすると、しみだした油がこぼれ落ち火事の原因になることがあります。調理方法をよく確かめましょう。

オーブントースターから発火

ガステーブルの低温着火

台所で、ガステーブルを壁面に接する位置で長期間使用すると、壁体内部の木材が低い温度で過熱され、きわめて穏やかではありますが徐々に熱分解を起こし、その熱が放熱しない条件にあると、熱を蓄熱して木材自身の温度が上がり熱分解が盛んになって、長期間かけて炭化し着火に至ることがあります。

 

ガステーブルの低温着火

お問い合わせ
西はりま消防組合太子消防署
〒671-1553 兵庫県揖保郡太子町老原554番地1
電話番号 079-276-1191
ファックス 079-276-2246