エアゾール缶(スプレー缶)の火災にご注意!!

エアゾール缶(スプレー缶)とは

 殺虫剤やコールドスプレー、整髪スプレー、消臭スプレー、パーツクリーナーなど、缶の中から内容物を噴射するために、LPガス等の可燃性ガスを使用しているものをいいます。

 太子町内でも、エアゾール缶(スプレー缶)の誤った使用方法や処分方法により、住宅などで火災が発生しています。

 正しい使い方、処分の仕方を守り、火災・事故が発生しないよう次のことに注意しましょう!

使用上の注意を守ろう!

火気注意!!

 火気を使用しているそばで使用しないでください。 可燃性ガスが室内に充満し、周囲の火で引火する危険があります。

※必ず「取扱説明」を確認し、使用上の注意を厳守してください。

 

正しく処分しよう!

ガス抜きは必ず、風通しが良く、火気のない屋外で行うこと!!

 屋内でガス抜きを行うと、スプレー缶の内容物が屋内に留まり、大変危険です。

※処分の方法は、製品に記載もしくはホームセンターなどで穴開け専用工具が販売されていますので、正しい方法で処分してください。

参考動画

作成:独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)

 

「あぶない!スプレー缶やカセットボンベの発火」