一戸一灯運動

この「一戸一灯運動」をはじめとする地域での防犯活動は、犯罪に強いまち、安全・安心のまちづくりにつながります。地域での防犯活動に参加することが、自分自身や大切な家族を守ることになります。まずは、できることから始めてみませんか?わたし達のまちは、わたしたちで守りましょう。

一戸一灯運動とは

一戸一灯運動とは、夜間に各家庭の門灯や玄関灯を点灯して、住宅街の暗がりをなくそうという運動です。部活動・塾帰りの子どもや、仕事帰りの女性を狙ったひったくりや痴漢等の犯罪を遠ざけることができ、自宅への侵入盗防止にもつながります。

朝まで点灯するの?

犯罪は、暗いところや深夜に起こりがちです。犯罪者は見られることを最も嫌います。ひとつひとつの灯りは小さなものでも、多くの灯りはまち全体を明るくすることになります。地域みんなで取り組むことが大切です。

電気代が心配

確かに電気代はかかります。でも、20ワットの電灯を1カ月間点灯させても、電気代は、ジュース1~2本分くらいです。節電も大切であり、積極的に推進の必要がありますが、門灯等の点灯は、街灯(防犯灯、道路等など)の補完的役割をもつばかりか、町民自らの生命・財産にかかる生活安全のため必要なものであります。

一戸一灯運動(PDF:271.2KB)

お問い合わせ
生活福祉部生活環境課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話番号 079-277-1015
ファックス 079-276-3892
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。