狂犬病のことを知ってください

狂犬病が発病したら…

 狂犬病ウイルスを持つ犬にかまれた人が狂犬病を発病してしまった場合、100パーセント死亡し治療する手段はありません。このため、犬に対して予防注射を行うことが唯一の予防手段になっています。

海外での狂犬病発生状況

 海外では、現在も狂犬病は撲滅されていない地域が多くあります。人や動物が国境を越えて自由に行き来する状況では、狂犬病ウイルスに感染した犬が上陸する可能性はゼロではありません。予防注射を受けていない犬の間で狂犬病ウイルスの感染が流行した場合は、人間にも犬をはじめとしたほかの動物にも危害が及びます。
 狂犬病予防法は日本で狂犬病が流行していた時代に制定されたものです。この法律で、飼い主に対して生後91日以上の犬に飼い犬の登録と狂犬病予防注射を義務付けています。
 現在、日本国内の犬が原因で狂犬病が発生していないのは、多くの人々の犠牲と、予防注射をはじめとする狂犬病予防に大変な努力が積み重ねられたこと、そして何より飼い主のみなさんの狂犬病予防注射に対するご協力の成果です。

狂犬病

お問い合わせ
生活福祉部生活環境課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話番号 079-277-1015
ファックス 079-276-3892
メールのお問い合わせはこちらから