障害基礎年金

障害基礎年金

障害基礎年金は、国民年金加入者が病気やケガで初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日(「初診日」といいます)から、1年6か月を経過した日又は1年 6か月以内に症状が固定した日(障害認定日)に、国民年金の障害等級1級又は2級に該当する障害の状態に至ったときに支給されます。
障害認定日に障害の状態が2級以上に該当していない場合であっても、65歳に達する日の前日までの間に2級以上の障害の状態に該当したときは、障害基礎年金を請求することができます。

障害基礎年金を受けるための保険料納付要件

次の保険料納付要件をどちらか満たしていることが必要です。  

・ 「初診日」前に被保険者期間(注1)の3分の2以上の保険料納付済期間(免除期間・納付猶予期間・学生納付特例期間を含む)があること。
・平成38年3月31日までに「初診日」がある場合は、「初診日」前の1年間(注2)に保険料未納期間がないこと。( この特例は、初診日において65歳未満の方のみに適用されます。) 

(注1)被保険者期間・・・ 届出の有無にかかわらず、国民年金の加入対象であったすべての期間    
 
(注2)「初診日」の属する月の前々月までの保険料納付要件をみますが、「初診日」が平成3年5月1日前の場合については、「初診日」の属する月の直前にある基準月(1月、4月、7月、10月)の前月までの保険料納付要件をみます。
 
 平成30年度の障害基礎年金額
1級障害 年額 974,125円 
2級障害 年額 779,300円  

 障害基礎年金を受けはじめる時に、その方に生計を維持されている「子」がいるとき、または、受けはじめた後に出生などの事実が発生し、新たに生計を維持する「子」を有することになったときにも、次の加算があります。
 (注)「子」とは、18歳に達する日以降の最初の年度末(3月31日)までの間にある子又は20歳未満で国民年金の障害等級1級又は2級に該当する子をいいます。(子は未婚であること)

加算
加算対象の子 加算額
1人目・2人目 1人につき年額224,300円
3人目以降 1人につき年額74,800円

 
20歳前の障害 

20歳前に初診日がある場合、20歳になったとき(障害認定日が20歳以降のときは障害認定日)に国民年金の障害等級1級又は2級に該当する障害であれば、障害基礎年金が支給されます。
(注)本人に一定以上の所得がある場合等は、支給の一部又は全部が停止されます。
 
 

60歳以上65歳未満の障害  

60歳以上65歳未満の間に初診日がある障害についても、日本国内に住んでいて、保険料納付要件を満たせば、障害基礎年金を受給することができます。
(注)老齢基礎年金を繰上げ請求した方は受けられない場合があります。

 

お問い合わせ
町民課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
079-277-1012(保険係・国民年金係) ファックス:079-277-6031
メールのお問い合わせはこちらから