山陽道鵤宿・明治天皇山田御小休所

山陽道鵤宿

斑鳩寺の門前に成立した鵤村は、江戸時代には山陽道の宿場町として栄えました。しかし、本陣はありましたが、人馬の継立てはできませんでした。今は本陣は残されていません。

明治天皇山田御小休所

 明治18年7月26日から明治天皇六大巡幸の最後となる山陽道巡幸が開始され、8月8日、岡山県最東部の三石の光明寺を出立した天皇は、船坂峠を越えて、梨ヶ原、東有年、鶴亀を経て、正條で昼食をとり山田峠に向かわれました。その峠の手前、山田の集落、当家で小休止されました。

お問い合わせ
企画政策課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-5998 ファックス:079-276-3892
メールのお問い合わせはこちらから