7月に土地の所有者である父が亡くなりましたが来年度の固定資産税の支払いはどうなりますか?家族構成は亡父、母、子2人です。

固定資産税は毎年1月1日に所有している方が納税義務者となりますが、その日の時点で亡くなられている場合は、課税することができません。

そのため、亡くなられた人の法定相続人に固定資産税を課税します。

この例では、母と子2人を連帯納税義務者として登録し、相続順位の高い人(母)を代表者として、3人全員に納税通知書を送付(納付は代表者にのみ依頼)します。

なお、町で職権により法定相続人を調査し、代表者を設定しますが、原則は相続人代表者指定届の提出をお願いします。

また、1月1日までに相続登記を完了された場合は、法定相続人全員ではなく、新しい登記名義人のみに納税通知書を送付します。

固定資産税の納税義務者

お問い合わせ
税務課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-1014 ファックス:079-277-6031
メールのお問い合わせはこちらから