第1回高校生ワークショップ(総合計画)を開催しました

ワークショップ見出し
ワークショップ風景

5月16日(木曜日)、まちづくりの未来図「第6次太子町総合計画」を策定するにあたり、『未来のまちの姿』を若い世代の皆さんと一緒に考えるための高校生ワークショップを開催しました。

参加者は、総合学習で地域づくりを学ぶ高校生12人。

インスタグラムの運用やタピオカ、古民家カフェなど、魅力的な場所、取組が増えてほしいと思っていること、地域が一体となる新しいイベントを行うことなど、高校生も一緒にまちを楽しみたい、楽しむ仕掛けに関わりたいという、たくさんの意見をいただきました。

また、朝の登校を見守る地域の人への感謝の気持ちや、高齢者のゴミ出しを高校生がお手伝いしたいなど、地域のつながりを重視する意見も多く出され、若い世代が居住性や便利さを向上させる都市機能の強化だけではなく、コミュニティの維持・強化など地域のつながりも重視していることがわかりました。

これからの一年間、太子高校生徒がフィールドワークなどを通じて、まちの魅力と課題、そして発展について考える活動をまちと一緒に行います。

第6次太子町総合計画策定の参考となるよう、そしてこれからのまちづくりに若い世代、そして太子高等学校の意見、力を生かせるようまちづくりを進めていきます。

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-5998 ファックス:079-277-2201
メールのお問い合わせはこちらから