太子町生涯学習人材バンク「学校支援ボランティア」

メッセージ

学校と地域の人たちが共に力を合わせ、地域の子どもたちの活動を支えながら、成長を見守る活動を「学校支援ボランティア」といいます。
学校支援ボランティアは、学校や子どもたち、ボランティアをする地域の人たちが一緒に活動することで、地域全体が元気になる活動です。
このホームページをご覧になられた方が、一人でも多く学校支援ボランティア活動に興味を持ち、活動のきっかけになることを願っています。

地域学校協働活動とは

「地域学校協働活動」は、幅広い地域住民の参画を得ることで、子どもたちの学びや成長を支えるとともに、「学校を核とした地域づくり」を目指し、地域と学校がパートナーとなって「連携・協働」して行う様々な活動を言います。

学校支援ボランティア

学校支援ボランティアは、地域住民の方がボランティア登録をすることで、学校の要望に応じて活動を行い、学校を支援する仕組みを言います。

学校支援ボランティアの活動には、子どもの学習活動を効率よく進めるために、学校の先生の授業を助ける学習支援型の活動と、学校の施設や清掃活動といった環境支援型、また、登下校や放課後運動場の見守りなど、学校や子どもたちを支えるための様々な活動があります。
学校支援ボランティアの活動には、難しい資格や技術は必要ありません。
できる人が、できる時に、できる事を、自らの意志で」行います。
これらの活動は、地域住民の参画のもと行われますので、学校の多様な要望に応えるためには、より多くの地域住民によるボランティア登録が必要となります。

活動の様子

ここで、令和2年度の活動の様子を一部を紹介します。
令和2年度は、新型コロナウイルス感染症対策を行いながら活動することを余儀なくされ、活動の難しさや大変さを痛感する年となりましたが、依頼を受けたボランティアの方々には、本当に一生懸命に取り組んでいただき、各学校からも感謝の気持ちが届いています。

放課後見守り

令和2年6月より実施
斑鳩小学校(放課後見守り)

草刈り剪定

令和2年8月2日
龍田小学校(草刈り剪定作業)

活動から得られるメリットって?

学校支援ボランティアの活動は、地域と学校が「子どもの成長」という共通の目標をもって活動します。
活動を重ねていくことで、信頼関係を構築できるとともに、双方にも大きなメリットが生まれます。

学校にとって

1 地域住民や保護者と顔の見える関係として、開かれた学校づくりが実現し、学校運営にも、地域住民の理解や協力を得ることができるようになります。
2 学校の環境整備が充実し、学校や校区内の安全性が高まります。
3 学校業務のスリム化にもつながることが期待されます。

子どもたちにとって

1 大人たちとの関わりの中で学び、できた時にたっぷり褒めてもらえると、大きな喜びと達成感が生まれ、学習意欲の向上につながります。
2 世代の違う大人たちとの交流によって、コミュニケーション力や社会性が向上します。
3 周りの人への感謝の気持ちや、地域への愛着が深まります。

学校支援ボランティアにとって

1 身についた知識や経験を生かすことで、やりがいや達成感が生まれます。
2 子どもたちからパワーをもらうことで、元気をもらうことができます。
3 一緒に活動することで、仲間が増え、生きがいづくりにもなります。

実際に、子どもたちと接することで「元気がもらえた」、「他のボランティアの方と仲良くなれた」などの声も聞こえてきます。

学校支援ボランティアの活動をするにあたって

地域住民が、学校の教育現場にボランティアとして関わるには、いくつかの「守るべきルール」があります。子どもたちの安心、安全のための大切なルールを守って活動が行われます。

基本的なルール

1 活動時には、名札やボランティアベスト等を着用し、来校時の先生へのあいさつや声かけはしっかりと行います。
2 ボランティア活動中の出来事は、帰宅後も他の人に話さないようにします。
3 ボランティア活動中の気付きは、気軽に地域学校協働活動推進員や社会教育課に相談できます。不安な時は気軽に相談しましょう。

子どもたちとのより良い接し方

1 どの子どもにも公平に接することを心掛け、子どもたちの声にしっかりと耳を傾けます。
2 温かくおおらかな気持ちで子どもたちと接し、子どもたちの良いところはたっぷりと褒めてあげます。
3 子どもたちが聞き取りやすいように、ゆっくり丁寧な言葉遣いで話すように心がけます。

コロナ禍での活動について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、活動日だけではなく、日々の生活にも感染症対策をしっかり取り入れ、感染予防に努めることが大切です。
また、活動後の手洗いやうがい等の感染対策もしっかりと行ってください。

活動最新情報

行事名

太田小学校3年生「いちじく畑見学」

依頼内容

実施日 令和3年6月21日(月曜日)と23日(水曜日)

学校からいちじく畑までの交通安全
いちじく畑での活動の見守り

活動の様子

学校支援ボランティアからは、計5名の方に参加してただき、学校からいちじく畑までの長い道のりを、子どもたちの安全に気を配りながら一緒に歩き、いちじく畑では、子どもたちの活動の様子を温かく見守ってくださいました。

いちじく畑見学会

いちじく畑の様子

活動を終えて

たくさんの児童の安全を一度に見守らなければならない先生方にとって、学校支援ボランティアの活動は、とても心強いものになり、先生方からも感謝の気持ちが届いています。

学校支援ボランティアの活動をより身近に感じ、今後、広がっていくことを願っています。
梅雨の合間の暑い日ではありましたが、参加いただいたボランティアの方々には感謝いたします。ありがとうございました。

学校支援ボランティア登録方法について

学校支援ボランティアの登録窓口は、太子町教育委員会社会教育課です。
登録には『太子町生涯学習人材バンク登録申請書「学校支援ボランティア用」』の提出が必要です。
登録後の内容の変更や取り消しなども随時可能です。
学校支援ボランティアについて質問があれば、太子町教育委員会社会教育課までご連絡ください。
お待ちしております。

様式ダウンロード

登録をご希望の方で、『太子町生涯学習人材バンク登録申請書「学校支援ボランティア用」』がご入用の方は、こちらからダウンロードできます。

太子町生涯学習人材バンク登録申請書「学校支援ボランティア用」(EXCEL:15.3KB)

お問い合わせ
社会教育課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-1017
ファックス:079-277-2201
メールのお問い合わせはこちらから