吉福八幡神社

 吉福八幡神社は、太子町の一番西南、林田川のすぐ近くにあり、旧岩見郷のうち、吉福・沖代・米田の三ヶ村でお祀りしています。その由来はよくわかりませんが、現在、揖保川の対岸の山の上にある梶山城が造られた時に、その鬼門封じのために勧請され、神社を維持するために吉福村をあてたともいわれています。

 神社の南に新しい道を作る際に発掘調査が行われ、神社のすぐ東で鎌倉時代ころの集落跡が見つかりました。

吉福八幡神社

吉福八幡神社の神門と常夜灯。

吉吹く八幡神社の鳥居

吉福の集落にある鳥居。まっすぐ西へ、参道がのびる。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)