稗田神社

 稗田神社は、法隆寺領鵤荘の総鎮守社で、現在も旧荘域の氏神さまです。江戸時代には、聖徳太子妃の膳大娘(かしわでのおおいらつめ)をお祀りし、御旅所の聖霊権現社(斑鳩寺にあります)で聖徳太子を祀っているといわれていましたが、現在は、稗田阿礼(ひえだのあれ)をお祀りしています。

 稗田阿礼は、天鈿女命(あめのうずめのみこと)の子孫の一族といわれ、一度見た書物はすぐに暗唱することができ、一度聞いたことは忘れない、という特殊な才能の持ち主でした。日本最初の歴史書といわれる『古事記』は、その阿礼が聞き覚えた天皇家や諸豪族に伝わる言い伝えを、太安万侶(おおのやすまろ)がまとめて作られました。

 毎年、10月の第2土日曜日に行われる秋祭りでは、地元鵤地区が屋台を奉納し、にぎわいます。

稗田神社

稗田神社の境内。木々に囲まれ、心地よい風が吹き抜ける。

稗田神社秋季例祭の鵤屋台

稗田神社秋季例祭の鵤屋台。参道でチョーサを繰り返す。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)