斑鳩寺 その2 三重塔

 天文10年(1541)の焼失後、時の龍野城主・赤松政秀らの寄進により、永禄8年(1565)に再建されました。斑鳩寺全焼後に再建された建物で、当時のまま残るのは、三重塔だけで、国の重要文化財に指定されています。

 この三重塔は、高さ約25mと規模が大きく、バランスのとれた美しい塔です。また、あちらこちらに彫刻が施され、桃山時代の装飾豊かな建物の先駆けとなる建物です。屋根の最上部にある鉄製の露盤には、天下泰平を祈願する赤松政秀の願文が鋳出されています。

 

斑鳩寺三重塔の彫刻

斑鳩寺三重塔。

楠の緑の中に、美しい姿を見せている。

斑鳩寺三重塔の彫刻

三重塔に飾られた彫刻。猿が三日月に向かって、懸命に手を伸ばしている。

どこにあるか、探してみよう!