山陽道鵤宿

江戸時代、山陽道は脇街道として整備され、鵤も宿に指定されました。人や荷物を運ぶための人足や馬を手配する問屋場は置かれませんでしたが、班鳩寺近くに大名などの泊まる本陣があり、山陽道や龍野への街道沿いに商家や旅籠などが軒を連ね、宿場町として大いに栄えました。
その本陣を勤めた五百井(いおい)家に残された資料などで、宿場町・鵤の様子を展示しています。

宿場町・鵤の展示の様子

お問い合わせ
歴史資料館
〒671-1561 兵庫県揖保郡太子町鵤1310番地1
電話:079-277-5100 ファックス:079-276-6800
メールのお問い合わせはこちらから