既設の塀に関する点検や相談窓口

定期的にブロック塀を点検しましょう

平成30年6月18日に発生した、大阪府北部を震源とする地震によりブロック塀が倒壊し、死者が出る被害が発生しました。
町民の皆さまにおかれましては、ご自身で所有しているブロック塀について、次の「ブロック塀の点検のチェックポイント」で外観をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や分からないことがあれば、専門家に相談してください。なお、チェック項目によっては、専門家による調査を必要とする場合があります。
ご自身や専門家による点検で危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示及び補修や撤去をお願いします。

checkpoint

ブロック塀の点検のチェックポイント(PDF:236.5KB)

ご自身でチェックできる項目

補強コンクリートブロック造 (鉄筋が入ったブロック造) の塀の場合

  1. 塀は高すぎないか(塀の高さは地盤から2.2メートル以下になっているか)
  2. 塀の厚さは十分か (塀の厚さは10センチメートル以上。塀の高さが2メートルを超える場合は15センチメートル以上あるか)
  3. 塀の高さが1.2メートルを超える場合は、控え壁はあるか
  4. 基礎があるか(コンクリートの基礎があるか)
  5. 塀の傾き、ひび割れはないか

組積造 (れんが造、石造、鉄筋のないブロック造) の塀の場合

  1. 塀の高さは地盤から1.2メートル以下か
  2. 塀の厚さは十分か
  3. 塀の長さ4メートル以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上が突出した控え壁があるか
  4. 基礎があるか
  5. 塀に傾き、ひび割れはないか

 専門家による判断が必要な項目

補強コンクリートブロック造 (鉄筋が入ったブロック造) の塀の場合

  1. 塀に鉄筋は入っているか
  2. 塀の高さが1.2メートルを超える場合は、基礎の根入れ深さは30センチメートル以上か

組積造 (れんが造、石造、鉄筋のないブロック造) の塀の場合

  1. 基礎の根入れ深さは20センチメートル以上か

相談窓口

ブロック塀に関する専門業者等の具体的な相談については、兵庫県が建築士事務所協会と連携して対応しています。
電話による相談や詳細な調査ができる業者の紹介などを行っていますので、上記チェックポイントの事項をご確認の上、お問い合わせください。

相談先

一般社団法人 兵庫県建築士事務所協会

龍野支部事務局 光設計工房

電話番号 0790-76-2947
ファックス番号 0790-76-2947

ブロック塀の基準・指導に関するお問い合わせ

問合せ先 中播磨県民センター姫路土木事務所まちづくり建築第2課
電話番号 079-281-9061
お問い合わせ
経済建設部まちづくり課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-5992 ファックス:079-277-6041
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。