大量・高額な学習教材の契約は慎重に(平成28年4月号)

相談

学習教材の電話勧誘があり、興味があったので自宅に来てもらうことにした。中学生の娘と一緒に説明を受けた教材は、中学1~3年生の全教科で60万円と高額であった。不安に感じたが、「テストの点が確実にとれる」「この教材で勉強を続けられない子はいない」などの説明や、特典の学習用タブレットに魅力を感じたので、その場で契約し、翌日代金を振込んだ。後日担当者が来訪してタブレットの説明を受ける予定であったが、一向に来訪がなく、電話で問い合わせたところ態度が一変し不信感を抱いた。娘も教材に興味を示さないので解約したい。(40代 女性)

アドバイス

学習教材は、実際に使ってみないと子どもに合っているか分かりません。一度に大量で高額な契約を結ぶのは避けましょう。また、「成績が上がる」「特典がつく」などのセールストークに惑わされず、契約を迫られても時間を置いて慎重に検討しましょう。契約書はよく読み、解約等の条件についても確認しておくことが大切です。契約日を含めた8日間はクーリング・オフができる場合がありますので、不安に感じたらすぐに消費生活相談窓口にご相談ください。

消費生活相談窓口

お問い合わせ
生活福祉部生活環境課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話番号 079-277-1015
ファックス 079-276-3892
メールのお問い合わせはこちらから