仮想通貨への投資(平成29年5月号)

相談

「仮想通貨を買いませんか」と電話で勧誘があり、数日後に説明書が届いた。後日、再び同じ業者から電話があり「今、100万円分の仮想通貨を買えば、2~3年後に2倍になる」と言われた。その話を信じて購入することにし、近くの喫茶店で担当者に会い、現金100万円を渡した。その後しばらくは、仮想通貨の値動きらしき数字の連絡が業者からあったが、最近、業者に電話をかけてもつながらなくなった。(70歳代 女性)

アドバイス

インターネットを通じて電子的に取引される「仮想通貨」への投資に関して、電話や訪問による勧誘トラブルが高齢者を中心に増加しています。 仮想通貨は、取引相場の価格変動によるリスクを伴うため、将来必ず値上がりするというものではありません。セールストークをうのみにせず、リスクを十分に理解できなければ、契約しないようにしましょう。 また、電話は一度出てしまうと切りにくくなります。留守番電話機能等を利用して、かかってきた電話には出ずに、必要な相手にだけかけ直す方法も有効です。 お困りの際は、消費生活相談窓口へご相談ください。

消費生活相談窓口

お問い合わせ
生活福祉部生活環境課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話番号 079-277-1015
ファックス 079-276-3892
メールのお問い合わせはこちらから