楯岩城

楯岩城(たていわじょう)は巨岩が文字どおり楯のように立ち並んでいるところから、名がつけられたといわれています。
地誌「播磨鑑」によれば、建武年間(1334~1338)に赤松則弘が築城し、室町時代の嘉吉元年(1441)、赤松満祐が室町幕府6代将軍足利義教を暗殺し、領国播磨で幕府方討伐軍に敗れ討たれた「嘉吉の乱」で落城したとあります。やがて赤松伊豆守貞村が居城し、その後5代続きましたが、天正の始めに羽柴秀吉によって攻められ落城しました。
姫路藩士小屋左次右衛門が城跡に登って描いた見取図によると、現在テレビ塔の場所が本丸で、南と西北にのびる屋根上に、二の丸、三の丸があるかなり大規模な山城であったと記されています。

登山道入口

若王子神社(太子町上太田)

(平成28年3月 太田小学校・龍田小学校児童遊歩道看板設置)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
企画政策課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-5998 ファックス:079-276-3892
メールのお問い合わせはこちらから