お太子さん -「聖徳太子絵伝」から-

 太子町は、聖徳太子が創建された法隆寺の根本荘園・鵤荘の故地であり、またその中心には、播磨の太子信仰の中心・斑鳩寺があります。そして、そのゆかりをもって、昭和26年(1951)、太子町になりました。

 来る令和4年(2022)には、その聖徳太子の1400年祭が行われます。そこでこの機会に、歴史資料館では、聖徳太子の一生を「聖徳太子絵伝」を中心に紹介する企画展を開催します。そこに描かれたお姿は、必ずしも史実ではありません。しかし、人々が慕い憧れた太子のお姿が描かれています。時を超えて人々に愛され続けている太子のお姿をとおして、人々の思いやふるさとの歴史文化にに親しんでいただければ幸いです。

聖徳太子絵伝、守屋討伐の様子

聖徳太子絵伝(斑鳩寺蔵)より、守屋討伐

会期

令和元年7月20日(土曜日)~9月1日(日曜日)

休館日

毎週火曜日、8月14日(水曜日)

開館時間

10時~18時(入館は17時30分まで)

入館料 

大人 200円、高校大学生 150円
(小中学生以下・65歳以上は無料)

8月3日(土曜日、「あすかイチ」開催日)は、入館無料です。

展示解説

7月27日(土曜日)、8月25日(日曜日) 14時~

 

      

お問い合わせ
歴史資料館
〒671-1561 兵庫県揖保郡太子町鵤1310番地1
電話:079-277-5100 ファックス:079-276-6800
メールのお問い合わせはこちらから