医療費控除の添付書類の見直し

医療費控除の明細書添付義務化について

平成30年度分の町県民税申告(平成29年分の確定申告)から、医療費控除を申告するには、医療費の領収書の添付又は提示に代えて、「医療費の明細書」又は「医療保険者から交付を受けた医療費通知」を申告書に添付しなければならないこととされました。

ただし、医療費の領収書は5年間保管する必要があり、町長(税務署)から求められたときは、医療費の領収書を提示又は提出しなければなりません。

経過措置として、平成30年度分から令和2年度分までの町県民税申告(平成29年分から平成31年分・令和元年分までの確定申告)については、現行の領収書の添付又は提示により控除の適用を受けることも可能です。

医療費の明細書添付義務化のお知らせ(国税庁)(PDF:752.4KB)

医療費控除の明細書(国税庁ホームページより)(PDF:205.3KB)

確定申告用ですが、町県民税の申告にも使えます。

お問い合わせ
税務課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-1014 ファックス:079-277-6031
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。