スイッチOTC医薬品控除の創設

スイッチOTC医薬品控除(医療費控除の特例)

【制度概要】
  健康の維持増進及び疾病の予防への取組みとして、一定の取組みを行う個人が、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができる新たな制度が創設されました。

【対象】
  特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査(人間ドック等)、がん検診のいずれかを受け、スイッチOTC医薬品を年間で1万2,000円を超えて購入した人

【控除対象額】
 自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払った合計額から1万2,000円を引いた額(年間8万8,000円を限度)について、その年分の総所得金額等から控除。
 ただし、この制度の適用を受ける場合は、従来の医療費控除の適用を受けることができません。

【適用期間】
 平成29年1月1日から令和3年12月31日までの間に購入したスイッチOTC医薬品が対象になります。

【対象商品】
 薬局等で購入できる一部の医薬品

【留意点】
・前年中に上記の健康診査等のいずれかを受けたことを明らかにする書類の提出が必要になります。
   なお、健康診査等にかかった費用は、スイッチOTC医薬品控除の対象になりません。
・従来の医療費控除同様、スイッチOTC医薬品の名称及び購入金額が分かる領収書等の提出が必要になります。

   厚生労働省のホームページより、詳しい内容を確認することができます。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

お問い合わせ
税務課
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-1014 ファックス:079-277-6031
メールのお問い合わせはこちらから