下水道の正しい使い方

皆さんの下水道です。正しい利用法で大切に使いましょう 宅地内の排水設備は、使用者の皆さんが維持管理することになります。
分流式の下水道ですので、汚水管には、ぜったい雨水を入れないでください。
下水道はみんなの財産です。最近、紙おむつやペーパータオル等の便器への直接投棄が原因で下水道管やマンホールポンプの詰まる事故が多発し、その結果、管理費のコストアップを招いています。一人ひとりが注意して正しくご利用ください。
・分流式下水道  汚水と雨水を別々の管路で集水する方式を分流式下水道といいます。

台所

流し口には金網をつけるなどして、ごみや野菜くずを流さないようにしてください。これらは、排水管やますを詰まらせたり、腐敗して悪臭の原因となります。また、油類は管がつまる原因となります。なお、ディスポーザー(野菜くずなどを細かく砕く機械)は使用することができないのでご注意ください。

便所

  • 使用後は必ず水を流してください。
  • トイレットペーパーは専用のものを使用してください。
  • 異物を投入しないでください。(紙おむつ、ビニール、脱脂綿、タバコの吸いがら等)
  • 便器の掃除には、ぬるま湯を使い、とれにくい汚れには、中性洗剤をうすめて少量お使いください。
  • 殺虫剤、防臭剤、塩酸は入れないでください。

風呂場、洗濯場

固い物や布くず、毛髪などは目ざらを用いて取り除いてください。土砂が入りやすいところでは、泥だめ等で除去してください。

その他

  • 強い酸類などは悪臭などの原因になりますので、流さないでください。
  • 高温の湯は管を痛めるので、いったん冷却し、温度を下げてから流してください。
  • 天ぷら油やサラダ油の廃油を流さないでください。
  • これらは、下水管に付着したり、石鹸と化合して固まったりするため、管を詰まらせる原因となります。また処理場の機能を著しく低下させます。新聞紙やボロ布にしみこませるか、市販の固形剤(商品名:固めるテンプルなど)を利用して、燃えるゴミと一緒に捨ててください。
  • ガソリン、シンナー、石油などの危険物を流さないでください。これらの物質は、処理場の働きを低下させるほか、気化して下水管内で爆発を起こすおそれもありますので、絶対に流さないでください。
お問い合わせ
経済建設部上下水道事業所
〒671-1592 兵庫県揖保郡太子町鵤280番地1
電話:079-277-3241 ファックス:079-277-3245
メールのお問い合わせはこちらから