ふるさとの小学校

 太子町には、明治時代から続く長い歴史を持つ小学校が4地区に1校ずつあり、今も地域の人々に親しまれています。明治5年(1872)の学制発布以来、幾度かの転変をかさね、やがて「わがむらの学校」として地域の核になった小学校の歩みと、教育の移り変わり、そして地域の人々の小学校への思いを、昔の写真や資料で紹介します。
 

1957の石海小学校の児童

ソテツの前で  石海小学校 昭和27年(1952)

校庭で遊ぶ児童、1952年の太田小学校

校庭で遊ぶ  太田小学校 昭和27年(1952)

会期

平成30年11月3日(土曜日)~31年1月14日(月曜日)

休館日

毎週火曜日、11月5日(月曜日)、11月26日(月曜日)、12月26日(水曜日)

12月29日~1月3日(年末年始)、

開館時間

10時~18時(入館は17時30分まで)

入館料 

大人 200円、高校大学生 150円
(小中学生以下・65歳以上は無料)

11月17・18日(土・日曜日、関西文化の日)は、入館無料です。

1月14日(月曜日、成人の日)は、入館無料です。

展示解説

11月24日(土曜日)、12月16日(日曜日)、1月6日(日曜日) 14時~

 

      

お問い合わせ
歴史資料館
〒671-1561 兵庫県揖保郡太子町鵤1310番地1
電話:079-277-5100 ファックス:079-276-6800
メールのお問い合わせはこちらから